2009年6月28日日曜日

楽しい事、悲しい事。人とつながる太極拳。

6月は色々あった。
野口先生の講習会、太極拳の集い、レベルアップ講習会など毎週のように楽しいイベントが有り、多くのことを学んだ。
軽いぎっくり腰で、あべ鍼灸院に行き阿部先生とコーヒー飲みながら楽しく話をして、人生観に影響を受けたりした。
腰痛は辛かったが、おかげさまで早くよくなったし、久しぶりに阿部先生と話を出来て楽しかったし、息子の腰の不調でもお世話になった。

そんなこんな、楽しいこともあったが、悲しい事もあった。
先週の太極拳の集いが終わった後、私のばーさまが亡くなった。
98歳の大往生だが、高校時代まで一緒に暮らして、おやつをもらったりしていたので、地味に悲しい気持ちになって、2、3日ほど気持ちの整理が付かなかった。
そして、やっと気持ちを切り替えてがんばって仕事したり、練習したりしなきゃと思って、先週後半を過ごした。
今日はレベルアップ講習会で、多くを学び、楽しい一日が終わろうとしていたとこで、あべ鍼灸院の阿部先生が交通事故で亡くなった事を知った。
家族でお世話になっていて、みんなでショックだった。
あの歳で、突然の事。非常に悲しい。

それでも、人は生きていかなければいけない。
講習会で、他の先生から習うときは、自分が普段お世話になっている先生方の教えに恥ずかしくない姿を見せなければいけないとか思いながら練習をする。
人は多くの人から学び、お世話になって、生きていく。
得た恩を直接返す前に相手が旅立ってしまう場合もある。
そう思うと、自分が出来る事で人々に恩を返し、貢献していかなければいけないと感じる。

その為にも人々と太極拳でつながっていきたいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿