2010年10月30日土曜日

1月に講習会を開く方向で、すっきり

 色々と悩んだ結果、決めました。

1月に仙台で推手講習会を開きます!!

何を悩んでいたかと言うと、東京にある「太極拳推手倶楽部」の江口博老師から学び続けられるかと言う点でした。
ブログにも書いていましたが、最初は去年の2月の1ヶ月間お世話になったのが最初でした。
その後「先生を仙台にお呼びして講習会を開きたい!」と思いつつ夏になり、全国大会で東京に行った際に息子と二人で押しかけて、教えをいただき、同じ思いが強くなりつつも東北ジュニアの準備や仕事の事で頭が回らず、今にいたっていました。

仙台で講習会を開きたいと思ったのは、江口老師の練習には普段の練習に無い推手の成分や表演の世界に無いものがふんだんに含まれており、自分はもちろん周りのみんなにも体験してもらいたい気持ちがありました。
日ごろから推手をやっている人はあまり見かけない現状を変えていきたい気持ちも大きくありました。

そんな中で継続していく為の壁になるのは私の家庭事情。
仕事は折り返し地点にきており、色々考える事も多く、ソフト開発をやっていく者としてどうしていくかという迷いがありました。
家庭面では、来年度になると受験生が2名、幼稚園入園が1名でコストがかかる時期。
色々考えていると、固まってしまう、、、

そんな悩みを書いていたら、色んな人から励ましや助言をもらい、自分の中での結論が固まってきました。
その思いを老師に伝えた結果、仙台での講習会を開くことで決着がつきました。
まだ細かい点などをつめていかないといけないのですが、1月に老師をお呼びして、仙台で講習会を開こうとおもっています。
自分としては、楊式太極拳推手、簡化楊式37式太極拳(鄭氏太極拳)、戴氏心意拳の丹田功 などを学びたいとおもっていますが、ここらへんは老師や周りの要望を聞きつつ考えていこうと思っています。
周りのメンバーには八卦掌をやりたいと思っている人もいるので馬貴派八卦掌も気にはなりますが色々あると時間がいくらあっても足りないので、悩むことでしょう。

まぁ悩んで進めなくなるのはおいておいて、まずは進みましょう。
どこまで行けるかわからないけど、進むことで私の人生に価値ある経験が得られることは確かなのだから。

江口老師&みんな ありがとう!

あ、
ちなみに江口老師はホームページの写真で見ると難しい顔をしてたりするのだけど、話すとかなり面白いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿