2010年10月31日日曜日

【水沢太極拳同好会】孫式太極拳講習会に行ってきました

 2010/10/24(日)に【水沢太極拳同好会】主催の孫式太極拳講習会に行ってきました。
講師は後藤英二老師
Twitterで開催の情報を得た時は

  「なぜ水沢で?!なぜ後藤英二老師が!!」

と言う疑問がありました。当日聞いた話では、主催者の方が30年前の仙台で縁があったとかで、なんとも不思議なめぐり合わせ。
早速問い合わせて、友人3人をさそってGo!


 初めての講習会ではいつもそうですが、

  「どんな先生だろう?」
  「どんな事が学べるんだろう?」
  「推手はどんなのかなぁ!!」
  「よその団体の講習会だから少しはおとなしくしてないとだめかなぁ」

などと思いつつも興奮してるのですが、当日も同じくテンションが上がっていきました。
会場に入るとソフトで明るい印象で受付の方々が対応してくれて

  「岩手の人はなんかあったかい感じがするなぁ」

などと、さらにもりあがっていました。

 会場入りして少したつと老師ご一行が入ってきて、チラ見しながら準備体操を各自で行いました。
参加者の中にはIMZ老師、IW老師をはじめ、岩手県連盟の先生方も数名参加されていました。
開催の挨拶があり、早速講習開始です。
後藤英二老師の印象派は、

 ・ユーモアー満載
 ・黒板に書きながらの理論の説明がすごくわかりやすい
 ・理論と実践のバランスの取れたわかりやすい説明
 ・出し惜しみの無いフレンドリーな雰囲気 

中でも特徴的だったのは理論の説明が良かったです。
そこは鍼灸の先生もやっているが故なのか、説明されている感じは鍼灸院にいるような感覚でした。

講習の中身は以下に記します。

 1.老師の演武
   「溶かしたガラス玉を練るような、まとうような動き」それでいて、軽快

 2.基礎の説明
   手の説明で、孫式や陳式など、それぞれ手の形が違うのはそれぞれ意味があると
   いう話
   孫式の手の練習をし、後日陳式の練習で陳式の手をやったら、前よりしっくりした
   手ができるような感じがして、不思議でした。
   休憩時間も先生に誰か質問に行くと、そこに人だかりが出来ていました。
   先生のくわとか、触ってみたい人いますか?と言われると、素早く反応していく参加
   者の貪欲さは素晴らしくも笑ってしまえる光景でした。

 3.套路
   最初の4つをやりました。
   他の講習会だともっと数をこなすものが多いのですが、逆に少ないのは孫式始め
   ての私にはありがたかったです。
   同じ動作を何度かやりましたが、もっとやっていたい感じでした。

 4.三体式
   太ももがむちゃくちゃキツカッタ!
   一番辛い姿勢が正解の位置みたいだったので、確かにこれは効くなぁって感じです。
   辛いほうに意識が行って、なかなかつながる感じまでしっかりつかめなかったので
   すが、いっしょに行ったメンバーと練習していけば、わかるようになれるかなぁ

 5.お昼
   お弁当とお茶が配られて、食事後におやつも配られていました。
   お弁当うまかったです。
   お昼時間は岩手県連の先生方などと一緒にご飯。
   IMZ老師と孫式のお話出来て楽しかった。
   岩手の先生と話していて、息子Kも連れてくれば良かったと後悔。

 6.推手
   一番のお目当ての推手です!!
   平円の練習をして、運よく先生にお相手してもらえました。
   推手をしていると無意識でやってたり、うれしさで細かいことが記憶から消えてしまう
   のですが、手が駄目なときは肘や肩で当たると言う説明をしてもらって楽しかった。
   時間切れで四正手に至らなかったのは残念でした。
   普段息子たちがお世話になっている岩手県連の先生にもお相手してもらってありが
   たかった。
   隙あらば、IMZ老師にもお相手してもらいたかったのですが、タイミングを逃しました。

 7.終了
   参加費がお安かったのは、会場費などを水沢太極拳同好会の皆さんが積み立てて
   いただいていたおかげと聞き、ありがたい限りでした。
   盛岡でお弟子さんの教室が行われる事になって、興味はありましたが、さすがに通
   えないので、次回の講習会を楽しみにしています。


楽しく素晴らしい講習会をありがとうございました!
後藤英二老師、お弟子さん、
Twitterで情報をくれた山本さん
主催者の後藤さんをはじめ水沢太極拳同好会のみなさま

ありがとうございました!!

0 件のコメント:

コメントを投稿