2010年2月24日水曜日

岡山の熱い男に学んだこと

先週の野口敦子老師&ウィリアム老師につづき、今週は坂野裕老師に陳式太極拳を学んだ。

技術面では
意識を途絶えさせず、一つの流れとして動く
採気法で手から吸ったり出したりが、気持良かった
足の力をつたえて相手を崩すのは足周りの実際を体感出来た
仙台で疑問のヒントがもらえた

一緒に食事をとったりして、思ったのだが、日常生活においても、無駄や迷いの無い素早い動きが一番驚いた。
飲み屋で醤油一つ取るのも早くて、それでいて気遣いがある。
それを見ただけで、参りました。といった感じた。

最後に交わした握手は温かく、また会いたいと思わせる人柄をもった熱い男であった。

惜しげもなく色んな事教えてくれた坂野先生と、貴重な機会を与えてくれた江口先生に感謝!

2010年2月23日火曜日

やられない推手、攻める推手、和の推手

太極拳推手倶楽部に数回通って、自分の中の推手が変化している。
攻める、守るがかなり補充されようとしている。
そんな中で、IS老師や他のみんなと普段やっている推手の中に有る和の部分が頭によぎってきた。
やるがやられるかの推手も楽しい、色んな話をしながらのんびり手を回すのも楽しい。
推手で手を合わせて、相手の人柄や心に触れるのが好きな自分に気付いた気がする。


2010年2月18日木曜日

楊進 著「太極拳経解釈 至虚への道」 わかりやすくて、いい感じ

最近、読み直している。



太極拳推手倶楽部で色々やった後に読むと、気づく事が多くて、より楽しめる。
読みやすいので、万人おすすめできる。
これもまた、一家に一冊である。


2010年2月16日火曜日

みどりのおばさん

朝の通勤途中、横断歩道で信号が変わるのを待つ年配のみどりのおばさんに目が止まった。
後脚を伸ばして、なんか見なれたポーズ。
単にアキレス腱を伸ばしてるだけかも、、
良く見てると、今度は明らかに虚歩を始めたではないか!
それも、けっこう重心がうしろにのってて、しっかりしている。

さすが関東、朝からおもしろいものが見れた。

2010年2月14日日曜日

槍三昧

昨日に引き続き、野口敦子老師の講習会。
槍ははじめましてだったので、初心者グループに入った。
基礎やとうろのポイントを野口老師が説明してくれた後、ウィリアム老師が一緒にやりながら教えてくれた。
ウィリアム老師はニコニコしてて人として興味をそそられていたのだが、なんかネタが思いつかず話しかけなかったのが後悔。

槍は楽しかった。
剣は重くて嫌いとか言ってるのに、槍は片手で持っても重く感じないのは好みの問題なのかもしれない。
棍も興味がありつつも、なかなかやらずにいたので、自分にあった器械に出会えたのも大きな収穫であった。
いくらかウーハーが出来るようになったのも良かったが、動作としては振り下げるのと、足と腰を使って横にはらう動作がお気に入り。
この2つなら庭で練習出来そうなので、やっていけそう。
3月にはSZ老師が補講をやってくれそうな話もちらっと出ていたみたいなので、それもまた楽しみである。

2010年2月13日土曜日

野口敦子老師 陳式太極拳講習会

 今日は野口敦子老師の陳式太極拳講習会だった。
いやぁ楽しかったね。
説明を受けてやってみると動作の中身が濃くなる感じ。
この間、太極拳推手倶楽部で学んだ事もうまく交じり合って今月は非常に実りがある月になっている。
老師の皆様には感謝感謝!

明日は槍をやる。
剣は片手持ちなので重くて敬遠気味なのだが、両手で持てる槍は重く感じないので楽しみである。

一つ残念なのは友人Aさんが来れなかった事。
されど、それもめぐり合わせや人生の妙。
またの機会にともに学べるといいなぁと思う限りである。

2010年2月7日日曜日

今、必要だからこそ

今、必要だからこその巡り合わせ。

今回の出張は、そんな感じがする。公私ともに、今の状況を楽しんで、得たものを持ち帰ろう。

今日は何人かと推手して楽しかった、昼飯のカレーはうまかった、夜めしもおもしろかった。
明日が楽しみである。





2010年2月4日木曜日

行くぜ楊式推手!

太極拳推手倶楽部にお世話になる事にした。
後は仕事の状況次第である。
明日、仕事が終われば、土日は推手ざんまいだ!


2010年2月2日火曜日

太極拳推手倶楽部 東京支部の練習に参加してきた。

太極拳推手倶楽部 東京支部の練習に参加してきた。
「面白いが、悩むなぁ」と言うのが今の感想。
最初にやった楊式のとう路は結構ふぁんそん出来る感じでかなり気持ちよかった。
推手はポンやカオであたる練習や、実際に飛ばされたりするので、普段とは違った感じで気付かされる事も多い。
普段と違う分、消化出来るか、珍しく不安に思った。
先生はユーモアも有るし、指摘も的確。メンバーの人達も楽しんでやってて、親近感を感じた。

何をなやんでいるんだ?!わし
多分、理解する時間や出来事を待っているのだろう。
ここで学ぶことで、自分がどこへ向かっていくのだろう、、、