2011年3月25日金曜日

田中洋一郎42歳、ソフト開発で食っていきたい。仙台の地で、新たな仕事を探してます。

今働いている会社が仙台事務所閉鎖になる為、ただ今、転職活動中である。

地震が起きる前から決まっていたのだが、地震発生のおかげで、ますます混沌とするかと思いきや、かえってやりたい事が際立ってきた。
人間、困難に遭うと残りの人生を考えたり、今どう生きるかの迷いが削れて、無駄の無い思考に至る気がする。

今の自分は、VB.NET使いだが、年末くらいからクラウドやAndroidに接する機会を作り、現在ではそこへ向かいたい欲求が高まってきている。

ふと思うと何かを作りたいと言うより、技術にあこがれて突き進んできている。
VB、Delphi、VB.NET、オブジェクト指向、その技術をやらずにはいられない衝動から始まった。
JAVAもLinuxもAndroidもクラウドも、未経験だが、今は書物を買い、勉強を始めている。

仙台事務所閉鎖が決まった時、本社のある神奈川県川崎への移動も候補にはあったが、家庭環境や経済面を考えると、自分の選択は仙台に残り、職を探すことだった。

年末から行くようになったセミナーなどで色んな人と知り合ったり、今回の地震が起きたことで、働き方、家族、人生を考えると、やはり自分は仙台住んで仕事がしたい。
現職においても、ネットワークを使えばコミュニケーションが出来たし、物も出来た。
VPNで遠隔のサーバーへインストールしたり、全国拠点のサポートもした。

勢いで書いてしまったが、自分のスキルについても以下に記しておく。
誰が見るかはわからないが、縁が有れば良い仕事が出来ると思ってるし、日ごろの言葉や行動が縁を作ると思っている。


■主なスキル

工程:    仕様決定、設計から維持管理・保守まで一通り経験あり
担当:    4名までの小規模物件リーダー(2年)、サブリーダー(10年)
開発言語: VB.NET(5年)、C#(1ヶ月)、VB6(8年)、Excel VBA(8年)、Delphi(1年)
DB:     SQL Server(11年)、Oracle(2年)、Access(2年)
ミドルウェア:ADO.NET、ADO、RDO、ODBC、oo4o
通信:    UDP/IP、TCP/IP、Rs232C
帳票:    Excel、VsView、WingReport、CrystalReports
その他:   ASP.NET、VB.NETマルチスレッド、ストアードプロシジャ
環境:    Windows環境構築、OS環境構築、PCハードウェア組み立て

取得資格:第2種情報処理技術者、情報セキュリティアドミニストレータ、応用情報処理技術者

現職: 東芝ソシオシステムズ(株) 仙台設計事務所
現在のジョブは、リプレースなどを行い10年続いている物で、見積もりから保守まで一通りの事を実施。
VB.NETでのオブジェクト指向設計、コーディング、クラスライブラリなど部品化やツール作成などが得意。
SQLServerの割付情報を利用して複数テーブルの横断検索などをするツールや、簡易なWeb自動テストツールなどを自作して開発効向上。
近年ではチーム内の開発言語教育など、チーム力向上を目的とした課内勉強会なども実施。

「無理な見積もり」や「力技による開発の無駄」の排除
遠慮無く質問し、顧客の意を汲み取るコミュニケーション
ヒューマンスキル強化によるチーム力向上
 ・技術による裏打ちが、残業無しを実現し、自分・家庭・仕事のバランスが自己を向上させる

ありがちな台詞かも知れませんが、こんなスタイルで仕事をしてきました。

2011年3月23日水曜日

3人で歩いて買い物。何年ぶりだろう?

 まま、息子M、わしの3人で買い物に行った。
歩いて3人で行くなんて、何年ぶり?
もしかして初めて?

日ごろ自分が車に依存している事、買い物に行ったりしない事。
再認識した。
ちょっと疲れて、ちょっと寒かった。
けど友人「まったりエラー」は、陸前高田のもっと寒い所で頑張ってるんだなぁと思い出す。



地震が起きて、川崎、東京、新潟、そして仙台 03月14日(月)

地震が起きてからの事を忘れないうちにまとめておこうと思う。
Twitterでの主な呟きも間に挟んでおくが、詳しくはTwilogを見て欲しい。

2010/03/14(月)

■仙台へGo!!

 老師の家を8時くらいに出発。
旦那さんに八王子駅まで乗せていただき、バスで日野駅へ、日野駅から立川駅までは40分程度歩き。
昔仕事で多摩モノレール関係の仕事をした事が有ったが、こんな形でモノレールを見るとは思わなかった。




  07:35 「@mattari_error 仙台駅東にバスつく予定。23時近くだけ」
  09:17 「八王子駅で日野へのバス待ち。次のバスには乗れる。日野から立川までバスかな、立川から中央線で東京へ」
  10:18 「家の人に検索してもらったところ、日野駅から立川駅までは歩くと3.4km41分。多分、バス停は並んでいる上、道は渋滞してるのだろうと推測すると、歩いた方いいのかな?地元の方の助言が欲しい。」
  10:32 「日野駅到着」
  11:29 「多摩モノの下まできた http://yfrog.com/gz76252708j」
  11:43 「あとひと駅歩き http://yfrog.com/gy67691318j」

立川駅から中央線で神田駅まで。神田で京浜東北線に乗り換え。
東京から新幹線で新潟へ。新潟から仙台まで高速バス。

  12:12 「@bunbun4444 立川駅発12:16発に乗れた」

  14:05 「新幹線乗った。神田で乗り換えしたおかげで、ぎりぎりセーフ」
  14:12 「@ebi_t がんばれ!今晩には会える!!」
  14:12 「新幹線出発」
  14:39 「@xiu_d おかげさまです!色んな事が、うまくつながって。良い縁に恵まれて幸せです!!
  14:51 「今回の地震、計画停電。生活スタイルを変えざるをえない状況が形成された。人の価値観、生活スタイル、働きかた、愛、文化、どんな未来が待っているのか。そして、自分はどうしていくのか、家族と再会して話すのがより楽しみになった。」
  14:59 「歩いて移動してる時、アニメ版少公女のエンディングを歌ったら元気が出た。(注)私の両親は健在ですし、インドのダイヤモンド鉱山にも行ってません。」
  15:04 「立川の駅で階段のぼろうとして、荷物を「フンッッ!!」と持ち上げたら、足つった。固まっていたら、お婆さん二人ずれが話しかけてくれて、嬉しかった。」

  15:39 「越後湯沢なう、スノボーしてる人が一人いた。貸し切りじゃん!(*_*)」
  16:08 「燕三条なう 車走ってるけど、新幹線からは歩いている人は一人くらいしか見受けられない」
  16:38 「はじめまして、新潟! http://yfrog.com/h7o9scsj」



とりあえず、記念写真。けど、テンション上がってて、太極拳としては微妙な感じ(^^;



  19:23 「新潟発仙台行き高速バス発車 出発が遅れたため到着時間は1時間遅れ 286号線経由で行くそうです」
  22:20 「GPS で見たら、今、山形のリナワールドの所」
  22:25 「10:24より休憩、22:34発車」
  22:31 「@Ichiro_Turista 山形県観光物産会館の所みた」
  22:38 「到着は0時を回るらしい」
  23:02 「23:02笹谷の出口を抜けた 峠を越えている間は、電波無し状態 川崎町、茂庭台をぬけて、ミニストップあたりで23:41電波かいふく。 これから、西道路なのかな」
  23:44 「23:43 西道路突入」

■仙台到着

 広瀬通のバス停到着。
父上と息子Kが車で迎えに来てくれた。
全工程16時間半、荷物が重くて歩きが辛かったが無事到着。
妻ともハグしたし、色々とラッキーであった。
1本先のバスで帰った友人も無事家についたらしいし、良かった良かった。

  00:32 「自宅到着しました。妻とハグした(^^」

地震が起きて、川崎、東京、新潟、そして仙台 03月13日(日)

地震が起きてからの事を忘れないうちにまとめておこうと思う。
Twitterでの主な呟きも間に挟んでおくが、詳しくはTwilogを見て欲しい。

2010/03/13(日)

■ありがとうホテルメッツ川崎

 ホテルに居る事も出来たが、老師の元へ行く事にした。
やはり、一人でいるのは辛い事もあるし、人と話をしたい。
居場所があるというのはありがたいことである。

  10:10 「川崎ホテルメッツを出て、八王子の老師のもとへ移動。地震後の朝食は、凄く嬉しかったし、ありがたかった。ホテルのスタッフの方もご家族がいるなかてで、お世話いただき、本当に助かりました。ありがとうございます。」
  10:13 「あと、電源が確保されていたおかげて、情報収集できたのが良かった。」


■川崎ヨドバシなどで物資調達

 老師の元へ行く前に仙台へもって帰る物資を調達。
買い物に関しては「これから東北へ帰る人にお勧めの物」に書いたので参照して欲しい。

  11:51 「今、川崎ヨドバシで、物資調達中」

■老師家族との夕食

 八王子駅に着き、老師と待ち合わせ。
待ち合わせ場所には、旦那さんが来るのかなぁと思っていた。
旦那さんとはTwitterでは話をした事があったが、初対面なので、駅前で太極拳のポーズでもしているかなぁなどと妄想を膨らましていた。
うろうろしていたら、老師が家族迎えに来てくれていた。
人と会えて喋れるのが嬉しい。
旦那さんと話すと、武術以外でもかなり話が合う。
その夜は老師夫妻と武術の話をしたり、ちょっと推手をやって、「それは推手じゃないよ~」と言われたり。
大笑いで、楽しい夜をすごした。
子供達も可愛い、自分の息子達を思い出す。
この日のツイートが少ないのは、楽しかった事を物語っている。


■帰れる!

 友人から連絡があり、新潟から仙台への高速バスが買えるらしい。
新潟まで新幹線で移動し、新潟から山形を通って仙台へ高速バス。
彼は既にコンビニで手続きをしたらしい。
私もコンビニに行って、彼より1時間遅いバスが取れた。
ラッキーである。かなり嬉しい!


■家族との電話

 夜も遅くなると、自宅から電話がきた。
それまで、無事は知っていたが、ぜんぜん連絡が取れなかった。
電気が回復して、携帯の電波も入ったらしい。
妻の声を聞けて嬉しかった。
嬉しい話もしつつ、ついついあれやれ、これやれと、今後のそなえについて言ってしまい。
「ああ、もう少しやさしくしてやればよかった」とちょっと反省。

  02:04 「仙台の家族から電話がきて、元気な事を確認できた。嬉しい!!」
  02:21 「皆さんありがとう。明日、新潟からのバスが取れたので友人と二人で、仙台に向かいます。新潟までは新幹線。」

地震が起きて、川崎、東京、新潟、そして仙台 03月12日(土)

地震が起きてからの事を忘れないうちにまとめておこうと思う。
Twitterでの主な呟きも間に挟んでおくが、詳しくはTwilogを見て欲しい。

2010/03/12(土)

■友人と連絡がつく

 夜遅くなり、飯を食っていなかったのでホテルの前のコンビニで食料をGet。
バスを待つ人が多かったので何も売ってないかと思ったが、ヨーグルトやお菓子を買えた。
店内には数名、帰れなかった人らしき人がいた。



会社の友人と電話がつながった。
Twitterでは連絡が付いていたのだが、声を聞けて話が出来たのは、落ち着いた。うれしかった。

  01:01 「@cousacu 無事が確認できて良かったですね。明日を信じて、がんばりましょう。」
  01:17 「朝起きたら、数日たったら、日本はどう変わっているのだろう。世界はどう変わっていくのだろう。我々は、どう世界を変えていけばいいのだろう。
  03:04 「川崎出張してる同僚と連絡がついた。どうやって仙台に帰るか検討した。少なくとも友人と共に帰れると思うと心強い。」


■ホテルを確保

 朝起きて、ホテルの朝食を食べた。
こんな時に温かい朝ごはんを食べられる事がすごくありがたく、うれしかった。
ホテルに問い合わせたら、引き続き宿泊が可能と聞いた。
老師のお世話になる事や、友人のお世話になる事もあったが、仙台に帰ろうとしたり、買い物をするには川崎が丁度いいこともあり、もう1泊確保した。
宿泊場所が確保できた事は安心できる。ありがたい事である。



  06:30 「@masamix2001 寝てて、足つったのと、寝不足以外は平気です。」
  06:42 「@bunbun4444 今は、こらえるしかないか。仙台に帰った後、どうするか考えてから行動しよう。と言っても、考えつかないけど。」
  08:26 「今日もホテルに泊まれるので、今日は川崎に泊まる事になりそう。老師お二人や会社の同僚から、自分の所に来ていいよと、ありがたい声をかけていただきました。現状は、位置的にも物資的にも、同僚と一緒に仙台に帰るにも、川崎が有利なので、ここで様子を見ます。復旧に尽力してるJR だのみです。」


■妹と連絡がつく

 カナダに住んでいる妹とSkypeで話をした。家族の無事はMAILで伝えてあったが声を聞いて話が出来る事がうれしかった。
IT勉強会で知り合ったクラウド関係者ががんばっている事を知る。
自分も何かしたいとは思ったが、パソコンもクラウド技術も無いので、今は文字をつづる事に専念しようと思った。

  12:29 「@KEUMAYA 辛いニュースがつづく中で、ほっこりします。仙台にいる家族にも読ませたいです。(^^)」
  14:04 「@xiaoxiong_jp 仙台の友人とtwitter で連絡とれます。彼らは頑張って生きてます。長拳メンバーとはコンタクトが無いですが、みんな武術で鍛えてるし、信じましょう。ニュースは辛い事が多いけど、twitter 読んでると良いニュースも有るじゃないですか!
  14:09 「@xiaoxiong_jp 今日はホテルが、とれたので川崎で体力温存してます。中原の同僚や、十条の老師からもお声をかけてもらってるので、状況に合わせた最適案を選んでいきます。ありがとうございます。ダンナさんには会ってみたかったという未練もあります。(^^)何かの時は宜しくです」
  14:21 「カナダにいる妹とスカイプで話した。ニュースではショッキングな話しかしてなくて、職場に行っても泣いていたらしい。声を交わして話す事で随分、安心したようだ。海外にいると、恐ろしいニュースしか流れてこないので、ローカルな頑張りは見えてこない。まずはtwitter を見るように言った
  14:40 「こんなに大変だったけど、こんなに助かった人がいます。とか、こんな人が頑張ってます。とか、ポジティブニュースもして欲しい。大変な事が起きている事にかわりはないが、同じネガティブなニュースを刷り込むように流すなら、何回かに1回くらいでいいから。私の捉え方がおかしいのかなぁ、、
  15:09 「アマゾンやマイクロソフトの人達がクラウドを使って、人々の為に何かしようと頑張っている。凄いと思う。こんな人達のパッション、情熱が積み重なって世界を変えていくのだろう。体を張って前線で頑張る人、背後で支える人。その姿が感動を与えて、人々を変えていくのだろう。


■川崎の街中へ

 夜更かしでだるい体をなんとか引っ張りあげて、川崎の街中へ。
街は少しおとなしい感じはするが、買い物も出来て、飯も食えた。
すし屋がやっていたのは驚いた。
とりあえず天下一品ラーメンで飯を食い、帰りの新幹線のキャンセルをした。

  20:25 「NHK に助かったおかあさんと赤ちゃんが写ってた。赤ちゃんかわいい、助かって良かったねぇ」
  21:02 「枝野官房長官 相手を見ながら、はっきりしゃべってて、かっこいい。」
  22:52 「未来少年コナンを思い出す」
  22:31 「NHK で東北が揺れるのが、リアルタイムで見える。」

2011年3月22日火曜日

地震が起きて、川崎、東京、新潟、そして仙台 03月11日(金)

地震が起きてからの事を忘れないうちにまとめておこうと思う。
Twitterでの主な呟きも間に挟んでおくが、詳しくはTwilogを見て欲しい。

2010/03/11(金)

■午前移動

 3月末で仙台の事務所が閉鎖する事になり、10年付き合ったお客さんに挨拶に行く事に。
夜はさよなら飲み会もあるので、川崎にホテルを予約し、ついでなので次の日曜は十条の老師のところで太極拳の練習をして帰る予定だった。
会社関係と老師にお土産を買い、新幹線で移動。暖かくて気持ちの良い日だと記憶している。

  08:41 「今日はラスト川崎出張。Maxやまびこ128号。128とは素敵な番号」
  08:46 「前の席の女子二人が結婚式のスピーチの練習をしてる。ほのぼのだなぁ」
  08:52 「天気が良くてあったかい。気持ちいい日だねぇ、通勤で渋滞にはまってたら、こんな気持ちになっていたかな。ゆとりを持って、無駄を無くせば日常でも同じ気持ちで暮らせるかもしれないね。」
  10:41 「推手萌え」
  11:03 「Pitbull 聴きながらノリノリ東海道線」


■お客さんの会社にて

 お客さんの事務所に着いてYさんと次の仕事は決まってるのとか話をしていて、
「地元でやっていくなら電話工事の仕事とソフト開発をからめた仕事をしてみたら」(意訳)と言われた。
今思うと、意味深い一言だった。

 地震発生時は、川崎駅近くのお客さんのビル11階で打ち合わせをしていた。
地震が来た時は「ああ、またか」程度の感じだったが、随分長いし、ゆれも大きい。
事務所のキャビネットは倒れ、TVでは騒いでる。
その時に、「何かあった時の為に写真を撮っておこう。なおかつ、こんな時こそリラックスだ」と思って写真を撮ってもらった。気持ち的にはまだ余裕があったので、普通に笑ってる。(^^



  14:58 「わしは無事だけど、仙台は大丈夫かな?」
  15:09 「私は今、川崎駅前の11階のビルにいます。無事です。けど、家族がツイートしてこないので心配。」
  16:54 「うちはみんな無事だと携帯メールがきた。電話はつながらない」
  16:59 「川崎は電車が止まって、最悪は歩いて帰ると言ってる人もいる。」


■ホテルで一人

 予約してあったホテルメッツ川崎へ移動。無事チェックイン。
外のバス乗り場には大勢の人。
TVを見つつTwitterをしまくった。
今の自分に出来る事は、情報を収集して、流す事だけだと思った。
電話はつながらなくてもインターネットはつながると言うのは、以前の地震でも経験があったから。
そして、自分が一人川崎にいる事の意味をを考えていた。

友人や老師、太極拳関係の人々とコミュニケーションが出来たのは助かった。
ホテルに1人で、TVからはひどいニュースしか流れてこない。
Twitterでは既に善意と励ましあいが始まっていた。

そんな中、東京の老師2人から行くところが無ければ、家においでと言ってもらえたのは、すごく有り難かった。

  18:05 「家族と離ればなれは辛いけど、わしがいない分、食料がうくのは良かった」
  23:00 「@bunbun4444 家族の生きる力を信じよう。
  23:10 「@hataritom ソフトバンクの携帯メールは川崎でもつながらないよ」
  23:36 「@Mt_Ar ありがとうございます。私は出張で川崎にいます。出来ることは、生きる力を信じる事だけだと思ってます。

2011年3月21日月曜日

これから東北へ帰る人にお勧めの物

私は、地震の時、川崎に出張しており、14日に新潟経由で仙台に帰ってきました。

帰ってくる前に、川崎のヨドバシカメラなどで買い物をして買ったものや、帰ってきてから家に有って重宝したものなどを書きます。
これから東北へ帰る人の参考になればと思います。

川崎にいる時に思っていたのは、食料、水、情報が大切だと。
以下は「これが必要だ」という書き方をしていますが、あくまでも私の感じた事なので、実際は違う場合もあると思います。
けど、あせっている時は頭も回らなくなっているので参考にはなると思います。
物資、エネルギー、体力は有限なので、使いまわせる、無駄のないセレクトが大切になると思います。

■食料
 物流が途絶えた状況では少しでも日持ちがする食料が大切だと考えました。
リンクを付けている所はAmazonで具体的に、こんなのが売っているという例です。

買うとお金もかかるので、同じ金額で量が多い、栄養が多い物を選ぶようにしました。

・カロリーメイト
 水分がないと食べずらいのですが、お腹にたまりやすいかと

・おかゆ
 ごはん食べたい人、お腹が弱った人向けに

・ウィダーインゼリー
 ビタミンやエネルギーを含んだものがあり、体調を崩した人に

・レトルトカレー
 栄養あるでしょう。カレー好きだし

■水分
・水
 なんにでも使える

・ジュース
 糖分やビタミンがとれる

・お茶
 たまにはお茶ものみたいだろう。特に年配の人

 水道がとおるまでは毎日水をもらいに行く日々が続きます。
 大きなタンクを持って帰るのは大変なので、蛇腹式がいいでしょう。

■情報
情報は買い物するにも、精神の安定にも必要です。
電話がつながらないときでもTwitterはつながっていたし、おかげで心の安定を得られます。

・ラジオ
 手回し式で充電できるものが良いと思います。

・手回し式携帯充電器
 友人の家族がこれがあったおかげで、仙台から電話できました。
同じものかはわかりませんが、Amazonでこんなものを見つけました

・充電器、充電池
 電池が使い切りだと電源が来た時や、特定の場所では充電できるけど出先は電気が無い事もあるので、
値段は高いけど充電池がいいです。
電源が安定していなかったり、時間に追われる事もあるので急速充電器がお勧めです。
私は、エネループをよく使っています。

・太陽光充電式携帯電源
太陽電池でどれだけ充電されるかは不明ですが、充電池内臓なので、移動中に充電できて助かりました。
私はこれを買いました。iPhoneやGalapagosなど変換プラグが多数付いているので、いろんな電話に使えます。

・ノートパソコン
5万くらいしますが、携帯のバッテリー充電にも使えます。
バッテリーの持ち、値段、軽さ、メモリ搭載上限を考慮し、メモリを4Gbyteにして、「Acer 1830Z-F52C/Sを買いました。
メモリが少ないと操作に時間がかかるのと、今後使用していくのでもちゃんと使える物と言う判断でメモリを追加しました。

 これは今後の生活でもパケット代を抑えるためにも買いました。1ヶ月で3800円くらいなので、パケットをフルに使うのと同じ状態で、複数の人がネットワークを使えます。
仙台では意外と電波が入るので、3Gが駄目でWiMAXが大丈夫な場合や、他のゲーム機やiPodなどがあっる場合はTwitterやSkypeなどが出来る場合もあるので、買いました。
購入価格は1円なところもあるので、初期投資をおさえられます。

・電池用携帯電源
 単3電池2本から4本を入れて、携帯を充電できるので、重宝です。

USBケーブル
 ノートPCと携帯をつなぐUSBケーブルを充電の為に買いました。

・LANケーブル
 無線LANが無く、携帯もだめ、けどハブにつなげればインターネットにつながるような場合を想定
無線LANが有っても、設定がうまくいかない場合もあるので、あった方がいいです。

・HDMIケーブル
 パソコンの表示をTVに表示して、大勢で情報共有できるように。

■その他
・折りたたみ式のカート
 帰る時も、帰ってから水を運ぶのにも便利です。

・自転車
 さすがにもって帰るのはきついと思いますが、ガソリンの供給が始まるまでは歩きか自転車なので、自転車もしくはキックボードなどの移動手段があると、移動範囲や労力がかなり減らせます。

・台車付きのリュックサック
 旅行用の大きな四角いバックも考えましたが、すぐしょって、すぐ移動できる利点もあるであろうと思いました。

・カイロ
 ホッカイロもありますが、エネループを使って暖まるカイロもあります。
この記事にあるような事もあるので、大きな期待は抱かないほうがいいかもしれません。

・濡れティッシュ
 水が出ない場合手をふくのにもいいでしょう。もって帰るにもかさばらない。

・ポケットティッシュ
 トイレにも使える。もって帰るにもかさばらない。

・生理用品
 女性の必需品

・消毒薬・絆創膏
 かさばらないので

・ビタミンの錠剤
 食料が無い時、栄養補給出来て、もって行くにもかさばらない

・バリカン
 髪が洗えない状態で、坊主にすると水の減りも少ないので楽です。