2014年1月13日月曜日

第9回「太極拳推手倶楽部 仙台支部」練習会を開催しました!

 2014/01/04,05の両日に第9回「太極拳推手倶楽部 仙台支部」練習会を開催しました。

江口博老師に来仙いただき、年明けに二日間充実した時間を過ごせました。
江口老師は日頃、東京北区などで活動されており、そのもようはブログ「東京_毎日太極拳」でお読みいただけます。


今回は、東北四県(岩手、山形、福島、宮城)の武術好きが江口老師の元で本格的な中国武術を学びました。


今回の練習は以下の内容でした。

・伝統呉式太極拳&推手
・戴氏心意拳
・馬貴派八卦掌
・推手試合

伝統呉式太極拳
 前回から始まった伝統呉式太極拳に私も参加し、まずは套路(とうろ:中国武術の型)を覚えるところからスタートです。
私も今までいくつかの太極拳套路を練習してきましたが、また違った動き、足の使い方、姿勢など新たな学びが盛りだくさんでした。
用法(使い方)の説明もあり、「あ〜なるほど」と。
毎回、そうなのですが、江口老師に技をかけていただいて、身をもって覚えることが出来るのは何よりの経験です。



推手
 呉式太極拳の推手練習(二人で行う練習)を行いました。
初めて呉式太極拳の推手を学ぶ方が二名おり、お一人は太極拳自体も初めての方でしたが、四正推手がいくらか回せるようになっていました。
一般的には簡単な推手から順番にやって四正推手が回せるようになるのは時間がかかるものなのですが、ここの部分は経験者からするといつも驚かされます。


戴氏心意拳
 こちらは素早い動きで相手の懐に入るための歩方など、太極拳とはまた違った動きを学びました。
太極拳とは違い雷声という発声を行います。
私も練習を行うとストレスも一緒にはき出されてスッキリするので魅力があります。




馬貴派八卦掌
 こちらは健身にも効果が高い内容で、かつガッツリ感があり力を出していく内容となっています。
うちの妻、高校生の息子に加え小学生の息子もまじって練習させていただきました。
大学生、高校生の息子は技をかけられブン回され喜んでおりました。(^^







推手試合
 こちらは年に1,2回行っている練習試合の様子です。
参加者全員を男女にわけて総当たりで推手を行います。
どうしても力業になりがちな部分もありますが、1分という時間の中で日頃の練習で体に染みついた物がどこまで出せるかという確認が出来るのは貴重な経験です。
そして、なにより楽しいのです!
これをやってると「ほんとみんな好きだね〜(^^」と感じます。
 
田中家息子対戦

田中家親子の戦い
この二枚が続くと賢治がやられっぱなしですが、技をかけている私の姿勢も前に行きすぎだと言うのがわかります。
この二日間のあとに賢治は気付きがあったらしく、二人で推手をやると私がサクッとやられることも有ります。成長した息子に喜びもあり、良い練習相手になる事は嬉しいですね。

軽く、いなされる息子

上げられてしまう妻
左の方の足がシッカリしているのが印象的ですね。

つい笑ってしまう楽しさもあります。

いつも真剣かつユーモアの絶えない江口老師に感謝です!
今回も有り難うございました!!
次回は3月末あたりを予定しているので、お楽しみに〜(^^)//

0 件のコメント:

コメントを投稿