2015年1月2日金曜日

だるまん陰陽五行講習会に行って来たよ!仙台講習会の話も!

だるまん陰陽五行講習会
 だるまんBASIC part11~『十字架と自己犠牲』
に参加してきました。

それなに?
と言う感じだと思うので簡単な解説をします。

■だるまん陰陽五行

以前から読んでいた陰陽五行の漫画。
自分の事、自分のまわりに起こる事象についてどう解釈していくかという物差しとして参考になる内容です。
他にも入門的な本を読んでみたのですが、このシリーズが解りやすくしっくりきています。

漫画の最初を以下で立ち読みできます。

木の章

01 だるまん登場
02 五行とは何か

東洋医学の章

161 しみるムシバについて
162 痛みについて

土の章

36 偉大なる母
37 「土」を象徴するもの

火の章

100 第六天の謎
101 牛頭天王の謎




■講習会 だるまんBASIC part11~『十字架と自己犠牲』

今まで漫画を読んでいて謎だった部分がスッキリした感じでした。
自分の中で理解が出来てない部分も多いのですが、311以降世界が変わってきている実感がある中でどんな変化が起きているのだろう?
これからどのような基準をもって生きていこうと言う自分にとってのヒントになりました。
中でも今回のなかであったキーワードは
・捨てる
・どこまで自分という認識を広げられるか?
・敵と想う物をだきあって飲み込んでいく
・自分の中にある嫌な自分それがあると想い認める事

 これだけ書くとなんだか解らないので、自分の中で繋がっている「だるまんブログ」でちょうど良い内容を見つけました。
 ・6月9日「反転」の日
 ・「反転」の意味
 ・「反転」の夏
 ・311の教訓

講習会にて 著者:堀内信隆先生


■お薦めの章

1.木の章
 読みやすさで言う点、入門的な内容である事と「人の想い」について書かれている点でお薦めです。
自分や人の発言、行動をみていると
「なんでこんな事言っているのだろう?」
「妻はどういう想いでこんな事を言っているのだろう」
と言う事がよくあるのですが、そこを理解する助けになっています。
長男とも「陰陽五行で判断すると今おきた出来事はどういう事なんだろう?」と話をしたりします。

2.東洋医学の章
自分の体のメンテナンスは年齢が上がると大事なテーマになりますが西洋医学とは違う尺度で病気を理解する事のヒントとなります。
お世話になっている整体の先生で「私は治せないし治しません」というコンセプトで治すのは本人の力で、その手助けをすると言う考えの先生がおりますが、私の中では大事なテーマとなっています。

■仙台講習会

仙台でも講習会を開こうというお話しがあります。
今回、横浜の講習会に参加したのもFacebookで仙台の話を伺ったので、一度は講習会に参加しておきたく思ったからでした。
早くて6月くらいになると思いますが、実現するには参加したい人がある程度集まらないといけないので、だるまんの講習会問い合わせフォームに開催希望の意思を伝えるのも良いかと思います。
田中の友人で興味ある方は声をかけてください、開催のお手伝いを多少なりともさせて貰おうかとも思っていますので。

■参考リンク

ホームページ
Facebookページ
ブログ

0 件のコメント:

コメントを投稿