2016年4月15日金曜日

地震、こんな時に思う事。自分の構成要素

九州で大きな地震が起きた。

311の時もよく思った。
 「こんな時に何ができるだろう」

九州地震の直後に感じたのは
 ・武術で出来る事は何だろう?
 ・ITで出来る事は何だろう?
 ・芸術、音楽で出来る事は何だろう?

今朝思ったのは
 ・「武術」 いざと言う時に動ける心と体を作る
 ・「IT」 準備を促し、コミュニケーションを支える
 ・「芸術、音楽」 直感・霊感を育て、リラックスや和みを与えてくれる

そして、どれも人との繋がりを促す。

手が繋げていく。

以下の絵は10月から始めたタッチドローイングの塗り絵
Deborah Koff-Chapinさんの描いた大人の塗り絵本があるのだが、それに色塗りしたもの。
日本では倉田順子さんが仙台から活動をリードしている。
ちょうど大分でタッチドローイングの合宿があり現地入りしていると言う事が私の直感で気になる事である。

音楽と言えば先日見たantennasiaのライブ配信。
配信でボーカルのsanが「音楽はそれだけでハイになれる」(意訳)という感じの事を言っていた。音楽は聴くだけで幸せになったり、リラックスしたり和める。

そして、
「これらの事を整理して考え、感じるために陰陽五行がある」
と感じる。


参考:
・陰陽五行 だるまん陰陽五行

0 件のコメント:

コメントを投稿